top of page

【登壇報告】ゲームが長く愛されるためのコミュニティ作りを語るNAVICUSのセッションが大盛況で終了!「GAME FUTURE SUMMIT 2024」ステージレポート ~敏腕コミュニティマネージャーの実例を交え、コミュニティ作りを学ぶ40分~

国内外のゲーム事業会社様のファンコミュニティ作りを、SNSを通じてご支援している株式会社NAVICUS(本社:東京都千代田区、代表取締役:武内 一矢、以下「NAVICUS」)は、2024年6月5日(水)に東京都渋谷区で開催されたゲームマーケティングカンファレンスイベント「GAME FUTURE SUMMIT 2024」に登壇いたしました。


「GAME FUTURE SUMMIT 2024」は、ゲーム業界に関わる企業が、事業会社・プロモーション・メディアの垣根を超えて成果や取り組みを共有しあうことを目的に、株式会社ゲームエイト・株式会社MOTTOによって開催された大型カンファレンスイベントです。業界の発展に繋がる場所を目指す、という理念に共感した多くの登壇者により、当日は合計20コンテンツを超えるプログラムが行われ、実に1,000人を超える業界人が会場に集結しました。


NAVICUSは「敏腕コミュニティマネージャーが語る、タイトルが長く愛されるためのコミュニティとの向き合い方」と題したセッション、および理想的なコミュニティを作る10のポイントをご紹介する「長寿タイトルになるためのコミュニティを作る10の秘訣」と題したプレゼンテーションを実施しました。



 セッションレポート 


セッションでは、ゲーム事業会社の中でコミュニティ施策を手掛けている凄腕コミュニティマネージャーである原田 香さん(株式会社エイリム PRグループ マネージャー| 株式会社gumi Studio FgG プロモーション)・小倉 菜七さん((株式会社ディー・エヌ・エー『逆転オセロニア』コミュニティマネージャー)、およびコミュニティの側でゲームファンを盛り上げている人気コミュニティリーダー・コットン太郎さん(コミュニティディレクター/イベントMC、生放送MC)にご登壇いただきました。

NAVICUSのゲームコンサルティングDiv.・ドゥでシニアコミュニティマネージャーを務める窪のナビゲートで、話は各社のコミュニティに対する捉え方から始まり、コミュニティ施策をゲームの数字に反映させるためのKPIについて具体的な事例も多く挟みながら進行しました。ゲーム事業会社・コミュニティリーダー両方の視点から語られる「コミュニティの熱量を上げるために重要なポイント」については、ユーザーを信じて任せることが重要、という部分で3人とも意見が一致し、互いに大きく頷きながら話が進む様子も見られました。


ステージ全体のMCも務めるコットンさんの軽快な語り口や、明るくも力強い原田さん・小倉さんの話しぶりに、多くの参加者が詰めかけた会場は熱気に包まれ、時折笑い声が起きるなど終始和やかな雰囲気となりました。ステージの様子を写真に収めたり、熱心に手元でメモを取る参加者も多く見られ、大盛況で幕を閉じた40分となりました。


セッションのより具体的なレポートはnoteに掲載中です!


 プレゼンテーションレポート 


プレゼンでは、窪と同じくゲーム事業会社様のご支援を行っているNAVICUSの黒木が、長寿タイトルとなれるコミュニティ作りの秘訣を10にまとめてご紹介しました。

SNSを通じたオンラインの施策に留まらず、ユーザーに思い出を作ることの重要性や、コミュニティ施策を継続して行うための社内へのアプローチ方法など、具体的なポイントについてもご説明しました。こちらも絶えずメモを取る方が複数おられ、終了後には「自分もコミュニティ施策をやってみたい」と語る参加者の方もおられました。


今後もNAVICUSは、よりゲームへの愛着が増し、そこが自分の居場所だと感じられるようなゲームコミュニティ作りを通して、ゲームタイトルの魅力が広まりファンの数が増えていくサポートを行ってまいります。

ゲームコミュニティ形成における戦略作り・具体的な施策設計や実行支援など、疑問点がありましたらどうぞお気軽にご連絡ください。


無料で参加できるウェビナーも定期的に開催しております。



◆本セッションに関するお問い合わせ

株式会社NAVICUS 黒木

※ご相談カテゴリ「その他」よりお問い合わせください



 セッション詳細 

タイトル:「敏腕コミュニティマネージャーが語る、タイトルが長く愛されるためのコミュニティとの向き合い方」


登壇者

原田 香(株式会社エイリム PRグループ マネージャー| 株式会社gumi Studio FgG プロモーション)


2013年、株式会社エイリムへ入社。

「ブレイブ フロンティア」シリーズを中心とした、同社が配信する全タイトルのマーケティング・プロモーションに従事。

企画から出演まで、多岐にわたり宣伝担当“かおりんご”として最前線でコミュニケーション活動を務める。

現在は活動領域を広げて企業広報から渉外対応、またグループ会社(株式会社gumi)および外部のプロモーション支援も担当。


小倉 菜七(株式会社ディー・エヌ・エー『逆転オセロニア』コミュニティマネージャー)


1999年生まれ。2022年4月に株式会社ディー・エヌ・エーへ新卒で入社。入社後の配属から現在まで『逆転オセロニア』コミュニティチームにて、ユーザーマーケティング・コミュニティマネジメントに従事。年間20回以上を超えるファン向けのオフライン・オンラインイベントを企画・運営。





コットン太郎(コミュニティディレクター/イベントMC、生放送MC)


オフラインイベントや生放送を活用し、PCゲームやスマホゲームのユーザーコミュニティを15年間作り続けている。コミュニティ作りの基本方針は『ユーザーと一緒に作る、皆が楽しいで繋がる』

イベント制作は今まで約500回、生放送制作は1,000回以上、MCとしての出演は1,300回を超える。自らがコミュニティリーダーとしてコミュニティを先導するスタイルで活動。


窪 大輔(株式会社NAVICUS ゲームコンサルティングDiv.ドゥ シニアコミュニティマネージャー)

2019年、株式会社NAVICUS入社。国内外のゲームタイトルを対象にSNSを主軸としたコミュニティ戦略立案や実行を支援。ユーザー心理を掴んだ戦略・施策設計を得意とし、SNSだけでなくYouTubeの番組設計やリアルイベントの設計、インフルエンサーマーケティングなど、他のオフライン・オンライン手法を組み合わせたコミュニティマネジメント施策設計も行う。






 プレゼンテーション詳細 

タイトル:「長寿タイトルになるためのコミュニティを作る10の秘訣」

登壇者

黒木めぐみ(株式会社NAVICUS ゲームコンサルティングDiv.ドゥ 広報/コミュニティマネージャー)


広島のゲームパブリッシャー・株式会社コトブキソリューション(ケムコ)で15年間広報を務め、買い切り型スマートフォンゲームからコンシューマー、パッケージソフトまで300本以上のタイトルに関わる。株式会社NAVICUSに入社後、コミュニティマネージャーとして国内外のゲームタイトルのコミュニティマーケティングに従事。戦略策定・SNS運用・分析まで幅広く手掛けている。



 「GAME FUTURE SUMMIT 2024」詳細 


開催日時:2024年6月5日(水)13:00~

会場:ベルサール渋谷ファースト(東京都渋谷区東1丁目2−20- B1、2F)

参加費:無料



【株式会社NAVICUSについて】

NAVICUSは専門領域であるSNSを通じて企業様のコミュニケーション支援をしています。

事業会社においてSNS・マーケティング領域で多数の実績を出したスペシャリストが多く在籍し、企業様の目的に合わせ、SNSを起点とした戦略コンサルティングや社内担当の育成、運用代行、アカウント分析など幅広くサポートしています。


<事業内容>

コミュニケーション戦略設計

キャンペーン企画・運営

SNS(X、Facebook、Instagram、LINE、TikTok、YouTube、Discordほか)運用代行・運用支援

Web広告運用

ファンイベント(オフラインイベント・生放送番組ほか)運営

マーケティングセミナー実施

コミュニケーション施策の効果分析

ふるさと納税マーケティング業務支援

地方自治体SNSプロモーション

ITWebサービスのコンサルティング全般


コーポレートサイト  https://www.navicus.info/


閲覧数:38回0件のコメント

Comments


bottom of page